才能を極限まで活かす

鉄が使用せずして錆び、水がくさりまたは寒中に凍るように、才能も用いずにはそこなわれる。

~ レオナルド・ダ・ヴィンチ(芸術家) ~

才能という責任の記事でも書いたのですが、才能があるということは、それ相応の責任を持たなければいけません。

いくら素晴らしい才能を持っていたとしても、使わなければ、どんどん感覚が鈍ってしまいます
逆に、常日頃から意識していれば、「ここぞという時」や「いざという時」も、きちんと対応が出来ます。

宝の持ち腐れという言葉がありますが、才能もまさにこの通り。
磨けば磨くほど輝く宝石のように、使えば使うほどに才能は研ぎ澄まされます。

スポンサーリンク

誰しもが何らかの才能を持っています。
その才能を出し惜しみする理由はありません。

それぞれ与えられた才能は、全てそれを用いる前提で与えられているものです。
今はまだその時ではないと出し惜しみしていては、本当に必要な時期を見誤る可能性すらあります。

才能は、鍛えるほどに、自分も周りも幸せにします。
まずは自分の才能を見つけ、根気強く育ててみましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA