何を以って失敗とみなすか

失敗の最たるものは、何一つそれを自覚しないことである。

~ トーマス・カーライル(批評家・歴史家) ~

失敗をしてしまったという瞬間は、ただただ絶望に苛まれ、どうすればいいのか途方に暮れてしまう人が殆どです。

まして、事が重要であればあるほど、そのショックも大きいはず。
あまりのショックで、何も手につかなくなってしまうことすらあります。

ですが、失敗した時は、その失敗したという事実を受け止めた後「なぜ失敗したのか」に心を向けるべきです。
いつまでも呆然としていては、その失敗の損害を増やしていくだけです。

辛い事もわかります。
そんなに簡単に割り切れないことも、わかります。

しかしながら、無理にでも気持ちを切り替えねばならぬのです。

失敗をしたということは、今のやり方のままではいけなかったということです。
ということは、今と違うやり方をすれば、今度は成功する可能性があるということです。

スポンサーリンク

失敗したあなたには、何が原因だったのか本当は気づいているはずです。

もっと努力すればよかった。
この方法じゃなく、もう一つの方法にすればよかった。
ついつい怠けてしまった。

必ず、原因がわかるはずです。

前にも書きましたが、周囲の目というのは失敗したことなどに興味はありません
成功したことのみに注目し、讃美し、祝福するのです。

あなたの失敗は、辛い経験かもしれません。
しかしながら、あなたはこれで成功へまた一歩近づいたことになります。
諦めない限り、必ず成功します。失敗を失敗で終わらせないことが、成功する秘訣です。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA