食べるということ

食欲以上に真実である執念はない。

~ ジョージ・バーナード・ショー(劇作家) ~

おいしそうにご飯を食べる人は、見ていてとても気持ちがいいものです。
食欲は、人間の欲求の中で、一番わかりやすくかつ生きるために必要な欲求です。

普段から食を大事にしているのであればいいのですが、忙しすぎたり疲れていたりすると、どんどん食に対して興味が失われる場合があります。
そうなると、ご飯を抜いてしまったり、適当なもので済ませようとしたりしがちです。

でも、改めてここで考えていただきたいのですが、「食べる」ということは「生きる」ということです。

どんなに人間が日光を浴びたとしても、植物のように光合成で栄養を作り出すことはできません。
人間が栄養を摂るためには、必ず何かを食べることが前提となります。

あなたの口にしたものが、あなたの体を作っていくのです。
いつもいつも「精進料理を食べなさい」と言っているわけではありません。
ただ、自分自身の体の事を意識することも、たまには必要だと覚えておいていただきたいのです。

スポンサーリンク

おいしいものを食べると、人間は幸せな気持ちになります。
体に良いと言われているものを食べると、なんだか体のために良いことをしたような気分になります。

食べるということが日常の一コマであるのは確かなのですが、改めて考えてみると、自分の体を作っていく神聖な行為でもあります。
命をいただくことへの感謝の気持ちを忘れてはいけません。

自然の恵みに育まれ、生産者がそれを収穫し、おいしくなるようにと願いながら調理された料理。
あなたの口に入るまでに、色々な想いが詰まっているのです。

最近、食事に気を使ってなかった人は、ちょっとだけ自分の体の声を聞いて、健康的な食事をしてみましょう。
食材の命を尊び、感謝の気持ちと共に食べるご飯は格別です。ぜひ実践してみましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA