真の謙虚さ

真の謙虚さとは自分の長所を正当に評価することであり、長所をすべて否定することではない。

~ サミュエル・マイルズ(作家) ~

謙虚な人というのは、思慮深く控えめで、他人の意見を素直に受け入れられる人のことです。
日本人らしい心遣いというか、慎ましさこそ美徳というか、自然と人を惹きつける魅力があります。

ですが、実際にはこの「謙虚さ」という言葉を、誤解している人が多い気がします。
まず、謙虚というのは、自分を卑下することとは違います

よくありがちなのが、謙虚すぎる人
例えば、自分の長所を褒めれたのに、全力で否定する人

褒めるという言葉の中には、もちろん社交辞令もありますが、中には、本当にあなたの長所を褒めている人もいます。
あなたがその言葉を全力で否定してしまうと、あなた自身はもちろん、あなたを褒めた人さえも侮辱していることになるのです。

スポンサーリンク

どういう対応をすればいいのかを悩むのであれば、素直に「ありがとう」と伝えればいいだけです。

相手の言葉が社交辞令だろうと、心からの言葉であろうと、あなたを褒めたことには違いありません。
だからこそ、感謝の気持ちと共に「ありがとう」と伝えればいいのです。
もちろん、笑顔も添えて。それが無理なら、せめて、相手に頷くような感じで

相手を褒めたのに、機嫌を悪くされたら、誰だって嫌な気分になります。
褒められたことに感謝をして、さらに頑張る人は、誰もが応援したくなりますし、また褒めたくもなります。

真の謙虚さというのは、決して自分を卑下することではなく、自分自身を正当に評価できることです。
誰かに褒められたら、全力で否定せずに、ありがたくその言葉を受け止めましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA