忘れることと覚えておくこと

人に施したる利益を記憶するなかれ、人より受けたる恩恵は忘るるなかれ。

~ パイロン(詩人・画家) ~

人間は、自分でやったことに関しては、意外と長く覚えているものです。
しかしながら、人からしてもらったことは、余程のことがない限りは忘れてしまいがちです。

人間関係を円滑に保つためには、「忘れること」「覚えておくこと」のバランスが必要と言っても過言ではありません。

相手にとって利益になるように自分が動いたことは、すぐ忘れてしまいましょう。
「あの時、あれだけ面倒見てやったのに」という思いは、自分がしたことをずっと覚えていて、それに対して相手から何のお礼もないことにいら立っている証拠。
まさに恩を売っている状態です。

スポンサーリンク

自分の親切心でやったことなのであれば、その場で忘れてしまうのです。
見返りを求めるというのは、相手の出方次第でストレスがたまるだけ。
そんなことを気に掛ける暇があるのなら、もっと有意義に心を使うべきです。

その反対に、誰かから受けた恩というのは、忘れてはいけません。
いつの日か、その恩に報いることが一番の恩返し
誰かから恩を受けるということは、その人に助けてもらったということです。
感謝の気持ちを持ちつつ、ありがたく精進しましょう。

人を助けることも、人に助けられることも、どちらも人生では大切なこと。
慢心せず、謙虚な心を持つためにも、忘れることと覚えておくことを間違えないようにしましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA