教育の心構え

忘れてはならない。知る値打ちのあるものは、すべて教えられないものだということを。

~ オスカー・ワイルド(作家) ~

あなたがどれだけ優秀な教師だったとしても、知る価値があるものをすべて教えることはできません
それほどまでに、人生には様々なことが起こります。

誰かに何かを教える時に気を付けなければならないことは、「完璧に教える」ということを目的としてはいけないことです。

教える立場の人間は、「進む方向」や「解決の糸口」など、あくまでも「道を示すだけの役割」ということを常に心に置かなければなりません。

なぜならば、問題を解決しなければならないのは、あなたではなく本人だからです。

見守る立場からすると、「あれも教えなくちゃ」「これも教えなくちゃ」と、相手を思えば思うほどに口を出したくなります。
あなたのその心はとても素晴らしいのですが、人間が一度に覚える量には限度があります。

スポンサーリンク

仮に、覚えられたとしても、それを全て教訓として活かせるわけでもないのです。

実際に自分で経験して、その上で学んでいくことも人生には多々あります。
どれだけ教えたとしても、必ずどこかで、たった一人で考えなければいけない時が来るのです。

親でも教師でも上司でも、教えたいという心は、「役に立つ」「失敗してほしくない」という優しさが生み出すもの。
しかしながら、失敗しなければ理解できないことも人生にはあります。

心配する気持ちはとてもよくわかりますが、相手を信じて見守りましょう。
もし失敗した時は、反省点を提示した上で、あなたが相手を受け止めてあげればいいのです。
教育は一朝一夕には成り立ちません。広い心で焦らずいきましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA