子供と信頼関係を持つために

信頼関係を持つためには、誠実であること。
子育てにおいても、これは例外ではない。

〜 名言・格言 言葉のチカラ(管理人)〜

育児の悩みはつきないもの。
幼いときは幼い時で悩みがあり、大きくなれば大きくなったで、また別の悩みが出てくるものです。

イヤイヤ期、第一次反抗期、第二次反抗期…いろいろな名称で言われますが、どの時期も子供にとって意味があって行動しているということ。
まず、この点については、どの年代を育てる時も心に留めておきましょう。

その中で、子供にはそれぞれに個性があり、みんながみんな同じ対応でいいわけではありません
同じ家庭で育ったとしても、兄弟や姉妹で性格が全然違うということが、それを物語っています。

親と子という関係は、人間関係の最たるものと言っても過言ではありません。
ここで健全な人間関係を築いていれば、お互いに心の拠り所として家庭があり、違う人間関係も築きやすくなるでしょう。

では、子供と信頼関係を築くためには、何に気をつければいいのでしょうか?

答えは、簡単です。
シンプルに、誠実であればいいのです。

特に自分の子供となると、どこか所有物のように扱う人がいますが、それは大間違いです。
子供も一人の意思のある人間です。
それを忘れてはいけません。

あなたのもとに生まれ、あなたのもとで育ちますが、いずれ大きくなれば社会に出て、一人の大人としてまた生活をしていくのです。
生まれた時点で、すでに一人の人格を持った人間なのです。

「子供だから」という理由で簡単に約束を破ったりすることが続くと、後々、信頼関係を築けなくなってしまいます

スポンサーリンク

だからこそ、子育てをするときは、誠実であるべきです。

・実行できないことは約束しない。
・約束したことはきちんと守る。

この二つを、常日頃から意識しましょう。

「あとで遊ぶね」と約束したのなら、きちんと遊ぶこと。
「あとで買ってあげるね」と約束したのなら、きちんと買うこと。

言葉にすると当たり前のことですが、その場しのぎでつい適当なことを言ってしまうことも、育児中だとよくあることです。
疲れていたり時間がなかったりすれば、約束を破らざるを得ないこともあるでしょう。

そんなときは、きちんと理由を伝えて、子供に謝ることが大切です。

こうすることで、約束は理由によって破られることがあり、約束を破ったときはきちんと謝るということを学び、そして、許すということを学んでいくのです。

育児は毎日の積み重ねです。
子供に誠実さを求めるのであれば、親であるあなた自身が、子供に対して誠実でいなければいけません。
こうして身近でコミュニケーションを学ぶことは、子供にとって、社会に出た時の大きな糧となることでしょう。


名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA