本を読む習慣

書物は、それが書かれたときとおなじように思慮深く、また注意深く読まなくてはならない。

~ ヘンリー・デビッド・ソロー(アメリカの作家) ~

ふと、手に取った一冊の本
パラパラとめくって厚さを確かめ、いよいよ、最初の一ページをめくる前。

どんな物語なのだろうか。
どんな世界なのだろうか。
どんな展開なのだろうか。

ちょっとだけ呼吸を整えてページをめくり、読み始めるこの瞬間が、一番心躍る瞬間と言っても過言ではないでしょう。

ネットが当たり前の世界になって、タブレット端末からすべての情報が得られるようになった今の時代。
日常の風景なのですが、改めて考えると、すごい時代に生きているのです。

素早く流れていく情報は、一瞬だけ強い火花のような印象だけ残し過ぎ去っていきます。
それが悪い事だとは言いませんが、そればかりだと脳が疲れてしまうのも事実です。

そんな時は、ぜひ本を読んでみましょう
本を読む習慣がない人も、これを機会に本に触れてみましょう。

スポンサーリンク

本の楽しみ方は、物語だけではありません。

書店で選ぶ楽しさから始まり、最初のページをめくる瞬間にときめき、どこでしおりをはさむかを悩み、読み終えた後の何とも言えない充足感
紙の手ざわりや、ページをめくる動作、本特有の香り。数え上げればきりがありません

最初は、活字に集中できないかもしれませんし、なかなか世界に入ることが出来ないかもしれません。
それでも、一冊をなんとか読み終えてみてください

あなたの読んだ本は、作家が考えに考え抜いて形にしたものです。
情熱が生み出したものに触れることが出来るのが、本の魅力そのものなのです。

時間が出来た時に、ふと気になった本を手に取ってみてください。
その本は、きっとあなたに必要な一冊です。まずは読み始めてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA