無気力にならないために

遅れは危険を引いて来る。

~ 古代ローマのことわざ ~

誰しも、疲れて動きたくない時があります。
そんな時は、ぜひ休むべきです。
なぜなら、あなたの体を守れるのはあなただけだからです。

健康はかけがえのない
確かに、大切な取引先との会議や、休めない行事や、人生を左右するような試験も大切ですが、体を壊してしまえば必ず後悔します。
仕事のミスは他の仕事でカバーすればいいですし、試験に落ちたとしても他の道は沢山あります。

ありふれた言葉ですが、「健康であれば何とかなる」のが人生です。
あなたの命を削ってまでしなければいけないことは、そうそう何度もあるわけではありません。
まずは何よりも自分の健康を第一に考えましょう。

それとは別に、なんとなくやる気が出ずに後手後手にしてしまうタイプもいます。

特に病気ではないし、不満もないのだけど、なんとなく何もしたくなくて「後からやろう」後回しにしてしまう人がいたら、ぜひ今から動きましょう

なぜなら、特別な事情がない限り、人は同情しません
つまり、あなたの行動は、あなたに全責任があるという印象になります。

時間も沢山あるし健康なのに、それなのに動かないというのは、一種の贅沢病です。
無気力というのは恐ろしいもので、どんどん体を蝕んでいきます。

「後から、後から・・・」を続けていくと、そのうち取り返しのつかないことになります。
物事には時期というものがあり、遅れるほど事態は悪化するのが殆どです。

手遅れにならないためにも、まずは無気力を克服しなければいけません。
それを打破するためには、最初は辛くても、体を動かしましょう。

スポンサーリンク

動きたくないと思う人も、自分の心と向かい合えば、その原因がわかるはずです。
そしてその多くが、取るに足らないプライドや意地だったり、甘えだったりするのです。

人生は有限です
今のこの瞬間も、人生の終焉に向かって進んでいるのです。

「自分の人生なんてこんなもんだ」と諦めている人は、実にもったいない
もしかしたら、劇的な変化が起こるかもしれないのに、その可能性を丸ごと否定するわけですから。

そんなことを言うと、「そんな夢みたいな話あるか」という言葉が返ってきますが、夢を見て何が悪いのでしょうか?

チャレンジすることは怖い事です。
でも、その怖さは「失敗する怖さ」ではありません

「知らないことを始める怖さ」なのです。

誰だって、初めての時は慎重になりますし警戒もします。
でも、そこを乗り越えれば、新しい世界を見ることが出来るのです。

無気力だと感じている人は、とにかく体を動かしてみましょう。
できれば、ラジオ体操やストレッチなどがいいのですが、今、それが無理なのであれば、思いっきり腕を伸ばしてみましょう。
「気持ちがいい」と感じたなら、大丈夫。あなたはもう、無気力ではありません。
自信を持って、動き始めましょう。

 

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA