メモの必要性

メモこそ命の恩人だ。

~ トーマス・エジソン(発明家) ~

人間は誰しも毎日何かしらの発見をしています。
事の大小は関係なく、日々新しい知識を得ているのです。

「いや、自分はそんなことない」
「そんなに毎日新しいことなんかない」

そう思う人は、とりあえず今日1日、思いついたことをメモしてみましょう。
手帳に書くのもいいですし、携帯やスマホに残しておくのもオススメです。

どんな小さなことでもかまいません。
「あのジュースのパッケージが変わったな」とか「この本を読んでみたいな」とか、とにかく思いついたことをメモしていくのです。

そして、寝る前に改めて確認してみましょう。
思った以上に、自分は何かしらの発見をしていることに気が付くはずです。
それと同時に、いかに忘れているかをも気が付くはず。

スポンサーリンク

「あれ?こんなこと思ったっけ?」
そういう項目が1つでもある人は、メモを続けることをお勧めします。

人間の記憶力というものは、常に100%完璧に覚えているわけではありません。
ものすごく素晴らしいアイデアが浮かんだのに、いつのまにか忘れてしまうこともよくある話です。

メモをすることによって、自分の発想すべてを残すことが出来るのです。

もしかしたら、今まで悩んでいたことの解決策が、何気なく思い浮かんだことの中に隠されているかもしれません。
積極的にメモをして、自分自身の中にある答えを見つけ出しましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA