外見で印象付ける

人は一般的に、内容よりも外見で判断する。
内面を判断できる洞察力をもつ者はまれである。

~ マキャベリ(政治思想家) ~

「外見よりも、内面が大事だ」という言葉は常々聞きますが、実際のところは、そんなことはありません

厳密にいうと、最終的には内面が一番大事なのですが、だからといって外見に意味がないわけではありません。

ただし、ここで言う外見は、身体的美しさとかそういうものではなく、身だしなみの事です。

「自分の内面を見てほしいから、わざと変な格好をしたり、変な態度をしてみたりする」
「どんな姿でも、内面を見る人なら、きっとわかってくれるはず」

ハッキリ言いますが、余程のことがない限りは、そんな姿の人の内面を知ろうとは思わないのが現実です。

なぜならば、最初から相手を信用していないからです。

外見に惑わされず、内面を見極めてほしいという気持ちは、裏を返せば、自分を裏切らない相手がほしいということです。

でも、あなたは既に外見で相手をだましていることになります。

ドラマや小説などでは、それこそドラマチックに描かれますが、現実社会においては、まずそこまで仲を深めようとは思えないのが現状です。

なぜなら、相手も裏切られたくはないですし、だまされたくもないからです。
そもそも、逆の立場で考えてみましょう。積極的に話しかける気持ちになるでしょうか?

スポンサーリンク

外見を整えるということは、整形をしたりメイクをしたりすることではありません。
清潔感のある恰好をするということです。

自分では気にならなくても、他人の目はわりと色々なところを見ています。

清潔感が漂う人は、それだけで生活がきちんとして誠実な印象を持ちませんか?
逆に不潔感が漂う人は、ずぼらで大雑把な印象を持ちませんか?

他人が自分に対して抱く印象は、とても勝手なものです。
ですが、清潔感は自分で作り出すことが可能です。

男性であれば、よれよれのYシャツを着るよりも、ピシッとアイロンがけされたYシャツを着ると心が引き締まります。

女性であれば、ゴテゴテのネイルやメイクをするよりも、短くそろえて磨かれた爪やナチュラルメイクの方が、きちんとしてると思われるのです。

そして、男女共通しているのが、猫背ではなく姿勢を正すこと。
若い人に多いのですが、口をあけっぱなしにしないこと。

ほんのちょっとした心がけで、印象は随分と変わります。

内面を見てほしいのであれば、まずは外見を整えるところから始めましょう。
「きちんとする」と決めて外見を整えるだけで、心の在り方まで変わる可能性もあります。
まずは、外見で好感をもたれるようにしてみましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA