責任のありか

すべてを疑うか、すべてを信ずるかは、二つとも都合のよい解決法である、どちらでも我々は反省しないですむからである。

~ ボアンカレ(哲学者) ~

すべてを疑うということと、すべてを信じるということは、とても似ています。
一見、正反対のように見えますが、どちらにも共通していることがあるのです。

それは、責任のありか

例えば、何かの物事が失敗したとしましょう。
通常ならここで反省をし、原因究明や打開策などを探します。
自分の力で失敗を乗り越えようとする以上は、避けては通れない道だからです。

しかしながら、すべてを疑っている人すべてを信じている人は違います。

「こうなると思っていたんだ。絶対、上手くいくわけないもの」
「どうして失敗したの?信じてたのにショック」

立場は違うものの、言っている内容が似ていることに気がついたでしょうか?
そう、どちらも「自分に責任はない」と明言しているのです。

物事の責任を他人に任せるのは、とても楽なことです。
失敗した責任は、自分以外の誰かにあるとすれば、責められることもありません

スポンサーリンク

でも、果たしてそれで本当にいいのでしょうか?

どんなに他人に責任を取らせていたとしても、必ず自分で自分の責任を負わなければいけない時期が来ます。
その時、他人任せだった人は、ひどく狼狽し、責任を押し付けられる人をさがすことになるでしょう。

どんな事柄でも、自分の頭で考えるということを放棄してはいけません
考えることは疲れると思うかもしれませんが、何も考えずに物事がうまくいくことはまずあり得ないのです。

人間は環境に慣れていくものです。

考える癖がつけば、考えることが苦にならなくなります
反対に、考えない癖がついてしまうと、考えることが苦痛になっていくのです。

自分の心にその物事を入れて、その上で決めることが出来たのなら、その判断はもうあなた自身の判断になるのです。
人生は決断の連続です。たとえどんな結果になろうとも、決断することを怖がってはいけません。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA