成功を数える

若いころ、私は10回に9回は失敗することに気がついた。だから、10倍働いた。

~ ジョージ・バーナード・ショー(劇作家) ~

やることなすことが全て成功し続けているという人は、世の中には存在しません。
その成功の裏では、必ず数多くの失敗が隠されているのです。

ただ、成功している人は、その失敗は想定内のものとして考えている分、囚われることはないのです。

大切なことは、その失敗の原因を知ることと、二度と同じ失敗をしないこと。
それがわかっているからこそ、失敗も成功に必要なものと受け止めているのです。

「成功率」に注目してはいけません。
「成功した数」注目すべきなのです。

スポンサーリンク

成功率にこだわってしまうと、どうしても失敗を減らす方法がメインになってしまいます。
失敗を減らすことだけに気を取られて、知らず知らずのうちに成功への道を遠回りしかねないのです。

成功した数に注目すると、失敗の数は数えない分、思う存分チャレンジできます。

前にも書いてある通り、他人というのは成功したときに初めて評価してくれるのです。
例え何度失敗を繰り返したとしても、成功するとその失敗が美談に変わるくらいなのですから。

失敗して評価が下がるくらいの評価なら、遅かれ早かれそれだけの評価だということ。
失敗を恐れずチャレンジし続けて得る成功の方が、失敗を避け続けて守り通した評価よりも、価値があります。
失敗したら、成功するまで続けましょう。あきらめてはいけません。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA