行動の大切さ

行動がどれほど価値あるかを知るためには、行動しない場合を何か想像してみるとよい。

~ ジョージ・シン(実業家) ~

どんなに素晴らしい理想を掲げていても、行動をしなければ何も始まりません。

それでも、どうしても踏み出す勇気が出ない時があります。
そんな時は、「行動した後」のことを考えるのではなく、「行動しなかった場合」を考えるようにしましょう。

行動しなかった場合、良くて現状維持悪ければ事態の悪化しかありません。

人生において「絶対」というものほぼありません
今が安定しているからと言って、未来永劫、安定しているとは限らないのです。

仮に、一番いい場合でも今と同じ。悪くなる可能性だって無きにしも非ず。
そうなってからでは後の祭りです。
「あのときやっておけばよかった」と後悔してしまうことになりかねません。

スポンサーリンク

では、行動した場合はどうなるのでしょうか?
良ければ今以上の良い状態になるかもしれないですし、現状維持かもしれないですし、事態が悪化するかもしれません。

先に書いた「行動しなかった場合」よりも、可能性が一つ増えていることにお気づきでしょうか?

行動しようと思ったときに二の足を踏んでしまうのは、その行動をした後(しかも悪い方)を考えてしまうからです。
行動を起こせば得られるかもしれない未来を、みすみす手放しているようなもの。
何もしなければ、現状維持の状態から抜け出すことはできません。

「望むような未来になるかもしれない」と思って行動することは、「望むような未来になるわけない」と思ってあきらめて過ごすよりも、ずっと楽しいですし刺激的です。

笑いながら希望を語る人と、ため息をつきながら愚痴を言う人
あなたはどちらの人間になりたいですか?

その行動が正しかったかどうかは、やってみなければ一生わからないことです。
他人が失敗したからと言って、自分も失敗するとは限りません。まずは、自分の理想に基づき行動してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA