忠告を受けたら

誰がそう言ったかを尋ねないで、言われていることは何か、それに心を用いなさい。

~ トマス・ア・ケンピス(思想家) ~

言葉というものは不思議なもので、同じ言葉を話していたとしても、人物が変わる印象がガラリと変わってしまいます

経験に基づいた言葉は重みがあり、実績のない人の言葉は信用に値しないことも多々あります。

どの言葉を信じるのかは自分自身で決めるべきですが、ここでひとつ覚えておいていただきたいことが。

それは、自分に対しての忠告の言葉の場合です。

どんな人間でも、自分の嫌な部分を言い当てられたり、自分に反論されたり否定されたりすると不愉快な気分になります。

ですが、自分にとってためになる言葉ほど、聞きづらいこともまた事実です。

耳触りのいい柔らかい言葉も大切ですが、時には鋭いナイフのように心に切り込んでくる言葉も必要です。

でも、たとえ同じ言葉でも、本当に信頼している人から言われるならいざ知らず、あまり親しくない人から言われると反論したくなるのも当然です。

そんな時は「誰に」言われたのかではなく、「何を」言われたのかに注目してみましょう。

いい評価だったとしても悪い評価だったとしても、自分に対する評価を耳に入れておくことは、時として近道になることもあるのです。

いくら自分を客観的に分析しようとしても、そこは人間、限度というものがあります。

スポンサーリンク

本当の意味での第三者の視点からアドバイスを受けることは、自分で気がつくことを待つよりもずっと時間短縮ができます。

もちろん、その言葉を素直に受け止めるには、かなりの神経を要します。

だからこそ、言った人物に注目すべきではなく、言葉に注目すべきなのです。
人の忠告を素直に受け入れられる人は、ものすごいスピードで成長していける人

自分はそういうタイプではないからと言って、自分を卑下することはありません。

きっとあなたは、言葉というものを慎重に考えられる思慮深い人なはず。
それは欠点ではありません。

相手の忠告を受け入れて、いい方向に変われたのなら、あなたの人間としての価値が上がったということ。

納得がいかなかったら、その忠告を保留にして、自分の気持ちの落としどころが付いたときに、また考えてみればいいのです。

自分に向けられた言葉の中には、いいものも悪いものもあって当然です。

ただ、なぜその言葉が来たのかというの原因を考えてみることで、意外な本質が見えることがあります。

どんな忠告でも、一度は自分の心でしっかりと受け止めて考えてみましょう。
素直に反省できたのなら改善すべきですし、納得がいかなかったら保留にして後日また考えてみましょう。
大切なのは、誰に言われた言葉だとしても、必ず一度は心で受け止めるということです。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA