反対するときは

評論家はいらないのです。反対意見は大いに結構、しかし必ず代案をだしなさい。

~ 堀場雅夫(実業家) ~

仕事や日常生活の中で、自分の考えと違う場合、反対しなければいけないことがあります。

その時、「だめだ」「できない」「ありえない」という否定の言葉だけの反対は、あなたの評価を著しく下げる行為です。

反対する理由をきちんと説明して、その上で、代わりの案となるものを提示することにより、初めてきちんと「反対した」という状態になるのです。

「反対する」ということは「否定する」ということによく似ていると思われがちですが、実は中身が全然違います
だからこそ、反対意見をいう時は、否定の言葉だけで終わるのはよくありません

これは仕事でも人間関係でも共通して言えることなのですが、誰かに「否定される」ということは非常に嫌なことです。

あなたが今やっていることに対して、「無駄だよ」「意味ないよ」「やれるわけない」と言われたら、不愉快でしょう。

出来るかどうかなんて、そんな評論はいらないのです。
なぜなら、自分の仕事ですし、自分の人生なのですから。
誰かに「出来ない」とレッテルを張られる理由なんて全くありません。

スポンサーリンク

とかく、人間は何でも批評したがります。
その批評が大切な場面もあるのですが、多くの場合、代案のない批評は単なる悪口にしか思われません。

個人でも社会でも色々な問題がありますが、声高に「反対」する人たちの中に、どれだけ代案を提示している人がいるのでしょうか?

物事の本質を見失ってはいけません。
誰かの提示した案を辞めさせる以上、他の案を提示しなければいけないことは当然のことです。

むやみやたらに反対ばかりする人は、「自分が嫌だからやめてほしい」という我を通したいだけの人
そういう人の周りには、いつしか人は集まらなくなっていくでしょう。
周りの意見をただただ否定して、解決する道を見いだせないのですから、これは致し方ないことです。

もし、今、自分がやっている何かに対して、誰かに反対されているのだとしたら、その人に理由を聞いてみてください

本当に「反対」だけなのであれば、必ず「代案」となる考えを提示してくるはずです。
相手の言い分を聞いたうえで、自分との意見をすり合わせていけばいいのです。

反対するときは、必ずその理由と代案まで考えたうえで反対するようにしましょう。
価値のある反対は、物事を良い方向に導いてくれます。
反対意見が来たなら、まずは聞く耳を持ちましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA