頭を使うタイミング

おなじ頭を使うなら、この先にふりかかるかもしれない不幸を案ずるのに使うより、現に我が身にふりかかっている不幸に耐えるために使う方がいい。

〜 ラ・ロフシュコー(文学者)〜

なんとなく嫌な予感がするという経験は、誰しもあります
予感というからには、それは未来に起こりうる懸念を考えていることになります。

ですが、それらの懸念は、今本当に考えるべきでしょうか?

例えば、漠然と将来に対して不安がある。
仕事や結婚や健康問題など、不安を感じる要素はそれこそ数えきれないくらいあります。

スポンサーリンク

ですが、急を要する事態でないのであれば、それらはまだ考えるべきではありません

それよりも、今、自分が悩んでいることに集中すべきです。

今の悩みを解決することで、少なくとも、あなたの懸念に何らかの変化が生じるはずです。

未来に関して漠然と不安があるのは誰しも同じです。
ただ、その不安に心を囚われてしまって動けないのであれば、もういっそのこと忘れるべきです。
もっとシンプルに、今の状況を見極め、その対策に100%の力を注ぐのです。
そうしているうちに、未来への懸念がいつしか薄らいでいることに気がつくでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA