美しい思い出にしたいなら

忘れるにまかせるということが、結局最も美しく思い出すということなんだ。

~ 川端康成(小説家) ~

「いつまでも忘れたくない」
「ずっとこの感動を覚えていたい」

様々な場面で、人は記憶を留めておきたいと願います。

しかしながら、人間はとても慣れやすい生物です。
それは、記憶ですら例外ではありません。

スポンサーリンク

いつのまにか忘れてしまうということは、とても自然な行動なのです。

忘れまいと必死に覚えていようとすること自体、自分の心に無理を強いていることになります。

大切な思い出ほど、忘れたくない思い出ほど、忘れることを受け入れましょう

あなたが忘れたとしても、その感動や出来事は、色あせることはありません
必要な時に、ふと心に浮かび、当時と同じような気持ちを思い出させてくれることでしょう。

「忘却」をありのままに受け入れることが、一番美しく思い出すことなのです。
心にそっとしまい込んだら、今の時間を満喫しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA