反論するときは

他人の言うことにすべて反論してはいけない。

~ ジョージ・ワシントン(アメリカ初代大統領) ~

誰かの言葉を盲目に信じることも、誰かの言葉を徹底的に拒絶することも、自分の考えを入れていない分、やっていることは同じです。

どんな言葉でも、その言葉が自分に向けられた以上は、真摯に受け取るべきです。

ただ、自分の考えと違う時は、きちんと反論しましょう。

反論することは、相手にとって非礼にはあたりません
むしろ、相手のためになることもしばしばです。

新たな観点の考えが聞けるということは、往々にしてお互いに良い作用を及ぼします。
自分では浮かばなかったアイデアというものは、とても貴重なものです。

スポンサーリンク

しかしながら、気を付けなければいけないのは、必ず原因と代案を提示することです。

なぜ、自分はその意見に対して反論したのか。
単なる感情論では、その言葉は相手に届かないのも当然です。

きちんとした信念で相手が話しているのであれば、こちらも同じくらいの信念で反論すべきです。

ただ「嫌だ」「気に食わない」「やりたくない」では、あなたの評判を落としかねません

反論をするときに、その代案となるものを用意できていれば、「出来る人」という印象になります。
相手も素直に聞き入れやすくなるのです。

ただただ声を荒げるだけの反論は、駄々っ子と同じです。
きちんと自分の考えを述べ、その上で代案を提示しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA