運命を決めるもの

運命は神の考えることだ。
人間は人間らしく働ければそれで結構だ。

~ 夏目漱石(作家) ~

運命とは、まさに「これだ」と思う出来事であったり、振り返った時に気づくものです。

それは、自分が決めた道であったり、偶然の産物だったり、積み重ねた努力の結果であったりと様々です。

ですが、あまりにも「運命」という言葉に囚われてしまうと、「運命以外の道を選ぶ」ことが怖くなってしまいます。

これは本当に運命なのだろうか。
運命じゃなければ、意味がないのではないだろうか。

スポンサーリンク

確かに、誰しもが、何度かは「運命」を感じてきたと思います。

それはそれでとても貴重な経験ですが、過ぎていく日々の中で、毎日毎日、運命的なことが起こるわけではありません。

「運命かどうか」というのは、その瞬間には誰にもわかりません
仮に運命だと感じたことでも、必ず成功しているわけでもありません

運命というのは、考えなくてもいいのです。
それよりも大切なことは、「自分が何をしたいか」ということです。

物事を決めるときに、運命を感じるかどうかで判断してはいけません。
運命よりも先に感じなければいけないのは、自分の心です。
自分のやりたいことこそが、運命だと強く思える心を持ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA