未来へ向き合うために

未来に向き合うには二つの方法がある。
ひとつは心配、もうひとつは期待だ。

~ ジム・ローン(講演家) ~

今日はいつかの未来であり、そして未来から見れば過去になります。
あなたは、未来へ向き合う時、どんな感情を持っていますか?

望むような未来になるかどうか不安になる人もいれば、輝かしい未来を胸に描いて期待している人もいるでしょう。

せっかくなら、意識して明るい気持ちで未来へ向かいましょう。

未来が不安で不安でしょうがない人に共通する根本的な感情は「傷つきたくない」です。

失敗するのが怖い。
人からどんな風に思われるのかが怖い。
今より悪くなる気がして怖い。

これらは、結局、自分が傷つくことを怖れているからこそ芽生える感情です。

でも、本当に失敗はそんなに怖いことなのでしょうか?
人の評価も、そこまで思い悩むほど考えなければならないことなのでしょうか?

嫌われたくない人に対して、自分の評価が下がるのを怖れるのはまだ理解できますが、まったく見ず知らずの第三者(いわゆる世間の目)にどう映るかというのは、そんなに気にしなくてもいいはずです。

そして、まだチャレンジすらしていないのに、何をそんなに恐れているのでしょうか?

スポンサーリンク

もし、それでも失敗や世間の目が怖くてしょうがないというのであれば、あなたが思いつく限りの最善の策を講じておくことです。

結局、他人から何を言われても、根本的な不安は消えません。
ならば、自分で不安を消すしかありません。

不安を消すためには、より完全に近い状態にすること。
試験が不安なのであれば、納得できるまで知識を深めるべきですし、将来のお金が不安なのであれば、今のうちに貯めるなり資産を増やすなりすべきです。

とはいえ、過ぎたる不安感は精神衛生上あまり好ましいものではないので、ほどほどを心がけましょう。

心配性の人は、数分だけでもいいので、気持ちを楽にする時間を意識して持つようにしてください。

あと、日ごろからおまじないやジンクスのように、これをやれば絶対大丈夫と思えるものを何個か準備しましょう。

例えば、勝負シャツやお気に入りのペンなどの小物を見つけたり、ちょっと奮発したお店でご飯を食べたりなど、ここぞという時に気合いが入ることをやっておくのです。

もしくは、逆転の発想で、良い事があった時に何か意識的にして、自分のジンクスにするのです。とにかく、これをやるといいことがあると思い込むことが大切です。

失敗しても、望む未来は遠ざかることはあっても逃げていきません。
仮に失敗したり傷ついたりしても、そこは誰しもが経験して乗り越えているものです。

自分の為すべきことをなし、目指す未来へ希望をもって進みましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA