生きる意味

人が旅をするのは到着するためではなく旅をするためである。

~ ゲーテ(文学者) ~

旅の目的の一つとして、目的地に到着することが挙げられると思いますが、それだけが目的ではありません

目的地に着くまでの移動時間通り過ぎる風景、ふと目に入った場所への立ち寄りなど、到着する以外にも旅の醍醐味はたくさんあります。

この「旅」という言葉を、「生きる」に変えてみましょう。

生きている以上、誰にでも平等に訪れる「死」というもの。
終焉こそが人生の到着点だからと言って、みんな「死」のために生きているかというと、そうではありません。

誰でも一度くらいは「なぜ生きているのだろうか」と考えたことがあることでしょう。
その考えが浮かぶときは、決まって心が苦しいときです。

失敗・挫折・絶望・悲哀・孤独などの感情に支配されると、「生きている意味」がわからなくなってしまうのです。

「生きている」ことに意味を求めようとすると、大体がその意味を見つけられず、負の感情を強めてしまいます。

その結果、「自分の存在が無くてもいいんじゃないか」と考えてしまう人も出てきてしまうのです。

人生はとてもシンプルです。
「生きていく」ことに、理由なんて必要ありません

理由がない以上、どれだけ答えを探したとしても見つかるはずがないのです。

スポンサーリンク

よく「自分は誰からも必要とされていない」という言葉を聞きますが、「誰かに必要とされている」ということが、本当にあなたが求めている「生きる意味」なのでしょうか?

誰かから必要とされることに生きがいを感じる人は、おそらくとても心が広く優しい人です。
でも、それが「生きる意味」としてしまうと、誰かに必要されなくなった途端、生きていく意味がなくなってしまうのです。

自分の人生そのものを、誰かの意志に委ねることを望んでいるのでしょうか?

もし、そう思っている人がいるとしたのなら、それは自分の人生から逃げているだけかもしれません。

誰かに決断をゆだねることは、自分で考える必要がない分、例え理不尽な結果だったとしても心は楽でしょう。

なぜなら、「自分のせいじゃない」という思いが、その根底にあるからです。
でも、それで傷つくのは、他の誰でもない自分自身だということに早く気がつくべきです。

自分の人生じゃない以上、他人は好き勝手な理想を押し付けがちです。
そこに、あなたの成長や成功を願う気持ちが、果たしてどのくらい込められているのでしょうか?

本当にあなたのことを思っての言葉であれば、軽はずみなことは決して言えません。

まして、今後の人生を左右するくらいの決断であれば、なおさら、あなた自身に決めさせようとするでしょう。
自分の人生の責任は、自分が背負うべきものなのですから。

「生きている意味」をいくら探したとしても、答えは見つかりません。
あなたが探すべきものは「生きる意味」ではなく、「生きがい」だということに気がつくべきです。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA