心配し過ぎないこと

人生は、ケチな心配事ばかりしているのには短すぎる。

~ C・キングスリー(イギリスの作家) ~

何の不安もなく、心配事もない人生を歩んでいる人は、なかなかいません。
自分の事にしろ、自分以外の事にしろ、多かれ少なかれ、誰もが何かを心配して生きています。

根本的に、心配をするということは、慎重になっているということなので悪い事ではありません。

ただし、何事もやりすぎは良くないように、常に心配ばかりしている人は、少しだけ楽観的に考えることも必要です。

そもそも、なぜそこまで心配なのかを自分に問いかけてみるのです。

心配事の内容にもよりますが、大体、大きな悩みと言われるものは、次のようなパーツに分けられるでしょう。

「このままで本当にいいのかどうか」という、漠然とした将来への不安
「天災・人災が起きたらどうしよう」という、自分の力でどうにもならない物事に巻き込まれる不安
「失敗したらどうしよう」という、努力が無駄になるのではないかという不安

大きな心配事に共通しているものは、「不安」という感情です。
では、どうやって不安と向き合えばいいのでしょうか?

スポンサーリンク

先の例の件で言いますと、こればっかりは「やってみないと(起きてみないと)わからない」ことばかりです。

将来への道が正しかったかどうかなんて、人生をきちんと生きて、その生を終えるときに振り返ってみて、初めてわかることです。

同じように、どれだけ寝ずに心配していたとしても、天災・人災がいつどこで起こるのかはわかりません

試験や研究なども、やってみないとわからないのです。

とは言え、「心配なんてするだけ無駄だ」ということではありません。
不安を解消するために何かの準備をしておくことは、とても大切なことです。
その準備こそが、成功の基になるのですから。

心配することは決して悪い事ではありません。
でも、心配するあまり動けないのであれば、それこそまさに本末転倒です。
不安を解消するための対策をしっかりとし、後は運を天に任せましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA