他人の大切さ

一人で考えていると、どんどん妄想はふくらんでいくのである。想像力というのは果てしない。果てしないぶんだけ間違った方向に進むと、事実とかけ離れたところに行ってしまう恐れがある。行き場を間違えないようにするためには、人とコミュニケーションをとった方がいい。

~ 岩村匠(小説家)~

人間の思考というのは、果てがありません

想像力豊かな人は、椅子に座っていながら、時間も現実も常識も科学も超えた世界を見ることが出来ます。

想像力というのは、人間に与えられた素晴らしい能力だと、常々思います。

ただし、その想像力は、あくまでも自分の世界のルールであり正義であり常識のこと。
いい方向への想像なら構わないのですが、問題は悪い方向へ想像してしまった場合です。

これは特に、恋愛関係で注意しなければなりません

たとえば、
「あいつは俺を好きなはずなのに、なんでほかの奴とつきあっているんだ」
「あの人私のことが好きなのに、どうしてほかの人に優しくするの」

数え上げるときりがないのですが、この想像力が常軌を逸してしまうと、妄想に変化して、ストーカーなどの犯罪行為に走るのでしょう。

本来であれば、周りの誰かが「そんなことないよ」と言っているはずなのに、それをかたくなに受け入れず、ただただ自分の常識やルール内で妄想して、相手の都合も考えず一方的な要求をするだけ

そして、それが拒否されると、逆上して相手に危害を加える
妄想を現実にしようとしたのに、できなかったことが耐えられないからなのでしょう。

妄想は、あくまでも妄想です。
現実にしようとすれば、必ず誰も幸せにならない結末になります。

恋は盲目とはよく言ったものです。
本当に、恋愛中は相手のことを全信頼をし、欠点すら愛おしいと思うことでしょう。
恋愛とは、一種の洗脳状態に近いものですから。

だからこそ、冷静な目で分析できる他人の目が必要となります。

スポンサーリンク

親、兄弟、友達、恩師、先輩、後輩、上司、部下など、あなたの周りにはたくさんの人がいます。

自分をよく知る人たちが、口をそろえて相手のことを悪く言うのであれば、一度、立ち止まってよく考えてみることです。

むかつくかもしれませんし、そんなことないと思うかもしれません。
でも、その根拠はありますか
指摘されたことを、きちんと説明できますか

好きだから。
いい人だから。
素敵な人だから。

そんなことは、理由にはなりません

指摘されたことを、ちゃんと説明して行動で表す人なら、信頼しても大丈夫でしょう。

ですが、
俺(私)のことより、周りの人を信じるの?
「俺(私)はこんなに君のことを信じてる(愛してる)のに」
というならば、その人は要注意人物でしょう。

本当にあなたを大切に思うのなら、本当にあなたを愛しているのなら、大切なあなたが自分のせいで心配されていることを、なんとか打破したいと思うことでしょう

その心こそ、誠意。

その誠意ある行動が伴わない人は、必ず、あなたを裏切り失望させます
なぜならば、その人は、自己保身が強く自分だけ良ければいい人だからです。

恋というものは、とても素晴らしいもの。
ですが、一種の洗脳状態にもなり得る危険なものだということを、心の片隅に置いておきましょう。

そして、周りの人の声は、よく聞きましょう。
皆が同じようなことを言うのであれば、その話はとても信用できるものだといえます。
あなたが愛する価値が、あなたが人生をかける価値が、本当にその人にあるのかどうか。
周囲の心配する声は、そのまま、あなたの幸せを心から願っている声です。
邪険にすることなく、真摯に聞き入れ、考えてみましょう。


名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク