物を処分できないのなら

物を大切にするということは、きちんと物と向かい合うこと。
ひとつひとつ向き合ってみると、いかに不要なものが多いかがわかる。

〜 名言・格言 言葉のチカラ(管理人)〜

昨今、物を大切にするべきという風潮があります。

それ自体はとても素晴らしいことなのですが、大切にするという言葉をきちんと理解していないと、物が捨てられなくなってしまう可能性があります。

では、物を大切にするというのはどういうことなのでしょうか。

それは、そのものに対してきちんと向き合ってみることに他なりません。
向き合った結果が必要なら残し、それ以外は手放してみましょう。

そうは言っても、数が多いと向き合うことがまず面倒に感じると思います。
もしそう感じたのであれば、それは、あなたがもうすでに物を持ちすぎていることになります。

ひとつひとつ手にとって、手に取れないものは手を触れてみましょう。
そうして向き合うと、本当に必要なものかどうかがわかります。

スポンサーリンク

本当に必要なものなら、手にとる前から残す理由を知っているのです。
(例えば生活必需品で、なおかつ、自分が大切にしているものや、仕事に使うものなど)

反対に、不要なものはどうなるのかというと、なんとかして理由を探し始めるのです。
理由を探し始めた時点で、今は必要ないと答えが出ているようなものです。

それでも、その理由があるのなら、一旦は手元に置いておきましょう
ここで無理に処分してしまうと後悔する原因となります。

ただ、同じことを何度かに分けて日を改めてやってみるのです。
そうすると、毎回考えていた理由を探すのが面倒になってきます。

対して執着も愛着もない物に、わざわざ捨てない理由を考える時間が無駄と気がつくのです。

物を捨てられないということは、その物に対して向き合っていない証拠。
最初は難しく感じたとしても、何度か繰り返すうちに、必ず必要か不必要かの判断ができるようになります。
本当に必要なものだけを大切に使いましょう。


名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク