それぞれの良さ

慈善は婦人の徳、寛大は男子の徳。

~ アダム・スミス(経済学者) ~

最近は、男女関係なく、異性を目指そうとしている気がします。
外見の問題ではなく、あくまでも内面の問題だと思うのですが、ここら辺に「男女平等」の弊害が出てきている気がしてなりません。

どれだけ男女平等を目指したとしても、性別の差はどうあがいても埋めることはできません
まずは、自分の性別の徳に関して、今一度考えてみましょう。

思いやり慈しむ心。
これは、まさしく女性が持つべき心です。
ふわりとした女性ならではの仕草は、見ているだけで心を落ち着かせてくれます。

全てを許し受け入れる心。
これは、まさしく男性が持つべき心です。
例え多くを語らずとも、頷いて理解してくれることで、心が軽くなるのです。

人間という単位で見ると、性別の差を考えること無く公平な目で見ることはできます。
しかし、誰しもが無意識のうち性別を意識してしまうのです。

スポンサーリンク

人には理想というものがあります。
まず、あなたが思う「理想的な人間」を思い浮かべたとしましょう。
なるべく具体的にイメージをしてみてください。紙に書いてみてもいいでしょう。

その後、「理想的な女性」「理想的な男性」をそれぞれ思い浮かべてみます。
「理想的な人間」「理想的な異性」に関して、共通していなかったところはどこでしょうか?

人間として魅力的であるべきことはもちろん大切です。
ですが、それはあくまでも、それぞれの性別の徳があるからこそ魅力的に見えるのです。

「男らしく、女らしく」という言葉は、男女平等を妨げるものではなく、それぞれの性別を尊重している言葉です。
異性になろうとせずに、まずは自分の性別の徳をしっかりと積むようにしましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA