リーダーに必要な条件

リーダーとは「希望を配る人」のことだ。

~ ナポレオン(フランス皇帝) ~

「頼りになるリーダー」という言葉がよく使われるように、リーダーになるということは、頼られる存在になるべきだと思っている人が多いはず。

確かに、リーダーは組織やチームのトップですので、責任をきちんと取り、仕事をきっちりとこなし、部下の面倒もよく見る人が向いています。
さらに、カリスマ性などがあれば、もう完璧すぎて何も言うことはないでしょう。

しかしながら、ここにひとつの誤解があります。

結論から言いますと、リーダーは全てにおいて優れている必要はありません

もちろん、優れた人物がリーダーになるのは頼りになりますし、カリスマ性と指導力をもって導くことができ、周りも安心して任せることができます。
このタイプのリーダーに出会えたなら、もう幸運といっていいレベルです。

また、さほど能力的に優れているわけでもないのに、リーダーとして実力を発揮している人もいます。
指導力があるわけでもないし、カリスマ性があるわけでもない。
それでも、なぜかそのチームの仕事はとても順調という不思議な話です。

スポンサーリンク

実は、この二つのタイプのリーダーは、相反しているように見えますが、ただ1つだけ共通していることがあるのです。

それは、部下に対して「希望ややりがいを与えられる人」だということ。

まず、優れたリーダーの下で働く部下は、リーダーに対して尊敬の念を持ちます。
的確な指示と行動力をもって動くリーダーは、「この人について行けば安心だ」という安心感と希望を与えます。
大体、リーダーと言えば、このタイプを想像するのが一般的だとも言えます。

では、それほど能力的に優れているわけでもないリーダーはどうでしょうか。

不思議なことに、こちらのタイプのリーダーには、なぜか優秀な部下が集まってきます。
ともすると、リーダーより能力が上という部下の場合、リーダーの言いなりになる事を良しとしないことも多々あります。
だからこそ、「成功のために君たちの力が必要だ」と信頼を寄せるリーダーに心を開くのです。能力を認め、尚且つ、活躍する場を提供することでやりがいをもつのです。

リーダーに必要な条件は、実力やカリスマ性よりも、部下にやる気を持たせられるかどうか。
そのためには、部下ときちんと向き合うことが大切です。
褒めればいいのか、発破をかけるのがいいのか、気さくなのがいいのか、毅然とするのがいいのか、それはまさに人それぞれ。
部下を一個人として対等に見ることができたとき、初めて、その部下への接し方がわかるでしょう。


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク