何度、恋をしても

経験が役に立たないのは、特に恋愛の場合にはなはだしい。

~ ポール・レオトー(フランスの作家) ~

何度、恋をしたとしても、新しい相手に対して恋をするわけですから、その都度、初めての恋のようなもの
だからこそ本当の意味での「恋の達人」という人は、この世に存在しないのです。

相手を虜にする方法とか、やきもちを焼かせた方が長続きするとか、それこそ恋愛に関する情報は山ほどあります。

ですが、色々な恋愛のテクニックやハウツーがあったとしても、それを鵜呑みにしては危険です。
なぜなら、あなたが恋をしている相手に対しての話ではないのですから、そのテクニックが通じない可能性もあるのです。

そんな情報に惑わされるくらいなら、いっそのこと、今の恋愛だけに集中してください。
恋というものはとても不思議なもの。
せっかく恋に落ちたのだから、思う存分、味わってみるのです。

相手を見るだけで胸が高鳴り、その人の事を思うと幸せな気分になれる恋の初めは、くすぐったくて気持ちの良いフワフワの毛布みたいな状態

その期間が過ぎると、もっともっと相手の事を知りたくなり、何かを知るほどに近づけた気がして、それがまた嬉しくなるという繰り返し。

スポンサーリンク

片思いという時間は、嬉しさと切なさと苦しさが混じった複雑な時間ではあるものの、相手を思う気持ちが祈りにも近い感じがします。

恋を失うにしても、恋が実るにしても、自分以外の人にそれだけ心を奪われるという経験は、とても不思議なことです

それが、思いが通じてからは、だんだんと相手に自分を知ってもらいたくなり、二人の距離感や価値観の差に悩むことになります。
その悩みを二人で乗り越えていくことで、相手との親密度も上がっていくことでしょう。

ただ、残念なことに、恋が終わってしまう場合もあります。
その場合、今までの恋の事は、思い出として忘れてしまうのが一番です。

「前の人とは何をするのも一緒だったけど、それが重いと言われた」
「お互いの時間を尊重しようと言っていたのに、いつのまにかすれ違ってしまった」

確かに、その人との恋はそれが原因だったのかもしれません。
でも、新たな恋に落ちることが出来たのなら、前の恋の事を思い出してはいけません

何度、恋をしたとしても、その人とは「初めての恋」に違いないのです。
過去の恋の傷に怯えてはいけません。今の恋が終わるとは限らないのですから。


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク