理想の夫や理想の妻

理想の夫、理想の妻をえようとするから失望するのだ。

~ 亀井勝一郎(文芸評論家) ~

男女が付き合いを重ねていくうちに、意識するのが「結婚」というもの。
「付き合う」のと違って、「結婚」となると途端に慎重になる人が多いはず。

それは、長い人生を共に歩んでいくにあたり、少しでも不安な要素は減らしておきたいからでしょう。自分が思う理想的な伴侶の条件に一致する人を探し続け、少しでも不安要素があると対象外にしてしまう

「つきあうのはいいけど、結婚は無理」という言葉に、この感情の全てが表されています。

誰でも、自分の人生を失敗したくないものです。

結婚生活が上手くいっている人が周りに1人でもいれば、そこまで結婚に抵抗がないのでしょうが、自分の両親や親せき関係・上司や友人などの結婚生活の愚痴を聞いていると、漠然と少しでもいい条件の人を探したくなるのは、仕方のない事なのかもしれません。

理想の伴侶(結婚相手)を得ようとすればするほど、現実にいないことに失望をしてしまうのです。

男女ともに求めることに差はあるとは思いますが、それでも理想的な結婚生活というのは想像できるはずです。

スポンサーリンク

結婚も「生活」なわけですから、いいことばかりではありません。
喧嘩することもあるでしょうし、体調を崩すこともあるでしょうし、予想外のトラブルに巻き込まれる可能性もあります。

結婚を考える上で一番大切だと思うのが、「相手と共に苦労をする覚悟」があるかということです。

どんなに理想的な伴侶と結婚できたとしても、職を失うかもしれないし、病気になるかもしれません。
そんな状態になった時でも、相手を支えて共に生きていく覚悟があるならば、あなたにとって結婚生活は幸せなものになるでしょう。

婚姻届が受理された瞬間から、恋人から夫婦に変わるのですが、それはあくまでも法律的な話で、お互いの気持ちも心も一気に変わるわけではありません

月日が過ぎていく中で、自然と夫婦になっていくのです。
最初から「理想的な結婚生活」である必要はないのです。

結婚生活というものは、長く続く会話のようなもの

晴れの日もあれば雨の日もあるように、楽しいときもあれば辛く悲しい時もあるのが人生。
それを2人で乗り越えていくことこそが、結婚する意味のひとつです。

「結婚」とは、あなたと相手が創り出していく未来そのもののこと。
理想的な伴侶を探すのではなく、共に苦労をしてもいいと思える人を探しましょう。


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク