明日を気持ちよく迎えるために

一日の疲れは、その日のうちに取った方がいい。
今日の疲れをとれるかどうかが、明日を気持ちよく迎えられるかどうかに直結するからだ。

~ 名言・格言 言葉のチカラ(管理人) ~

一日の疲れは、その日のうちに取った方がいい。
もちろん、現実的に考えて「毎日実現することは不可能に近いこと」なのは重々承知しています。

ただ、不可能に近いからといって、疲れた体を顧みることなく無理をしていると、後で手痛い代償を払うことになるのです。

健康であるということは、本当に大切なこと
体を壊してしまってから後悔しても遅いのです。

とはいえ、仕事でクタクタになって家路につき、なんとかシャワーを浴びて、ベッドや布団に倒れこむ日々を続けていると、もう何も考えられなくなることもあるでしょう

まして一人暮らしであるならば、食事は外食で済ませたとしても、洗濯や掃除や買い出しなど、予想以上にこまごまとした時間を取られているかもしれません。

ただ、一つだけ言えることは、どこかで何かを変えようと思わない限り、ずっとこのままであるということ。

やり慣れたルーチン作業のような生活ではなく、本当に疲れをとるために必要なことは何なのかを、今一度考えてみましょう。

理想としては、一日の仕事を終え、家に帰ってからは自分の時間を持ち、将来のことや趣味や家族団らんなどプライベートを充実させることが、心の休息になります。

心の休息に関しては、言葉にすると荒いですが、いつでもどこでも取ろうと思えば取れるのです。
例えば、通勤途中、食事中、トイレやお風呂、寝る前など、あえて場所を必要としない分、考え方次第でどこでも休めることになります。

しかし、体はそうではありません

スポンサーリンク

体を休めるためには、心地よい眠りが不可欠です。
心と違って、安心して気持ちよく眠れる場所が必要なのです。

ここで、あなたが今夜、眠る場所を思い浮かべてみてください。

布団はフカフカですか?
柔軟剤の香りがする清潔な枕カバーやシーツですか?
リラックスできるルームウェアや下着ですか?
触り心地が気持ちよいタオルケットや毛布がありますか?

もし、気持ちよく眠れると断言できるのであれば、家に着いたらぐっすり眠って体の疲れをとってください。

そうでないのであれば、自分の眠る場所に何が足りないのか考えてみましょう

そして、必要なものは、ためらいなく買いましょう
布団がへたっていると感じたのであれば、布団を新調するべきですし、枕カバーやシーツなども長年使いまわしているのであれば、一組だけでいいので買ってみるのです。

毎日毎日寝る場所というのは、体の疲れを癒す場所なのですから、一番心地よい場所にしておくべきです。

枕カバーを換えるのが面倒だという方は、週末にまとめてタオルを洗っておき、毎日一枚ずつ寝る前の枕に敷くだけでもいいのです。

ブランド物のバッグやスーツや時計などを買うよりも、まずは毎日眠る場所を快適にすること。
ぐっすり眠って疲れが取れた次の日の朝は、驚くほど体も心も軽くなっているはずです。
体の疲れは心にも影響してきてます。
まずは、あなたがぐっすり眠れるために必要なものは何か考え、揃えていきましょう。


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク