役に立つ人とは

不幸せの時にくたびれる者は、役に立たざるなり。

~ 山本常朝(江戸時代の武士) ~

「役に立つ人」と言われる人は、一体どんな人たちでしょうか。

優れた能力を持つ人、人当たりがよくて場を和ませる人、きっちりと綿密な仕事をする人、気遣いが素晴らしい人。他にも、さまざまな人物像が浮かんだことでしょう。

しかしながら、本当の意味での役に立つ人というのは、そのどれでもありません。
本当に役に立つ人というのは、「不幸な時でもへこたれない人」です。

先ほど挙げた人物像も、確かに素晴らしく役に立つ人物たちです。
ですが、人間たるもの、いつ如何なる時でも万全な状態とは限りません

精神的にも、肉体的にも、きちんと管理しているはずなのに、それでも降ってくるのが災難
そんな時にへこたれてしまわない強さが必要なのです。

物事がうまくいっているときは、言葉はよくありませんが、色んな人が協力的でちやほやしてくれますし、強気で物事を進めても大丈夫なことが多いはず。

しかし、ひとたび物事がうまくいかなくなると、悲しいかな人も金も離れていくもの。

スポンサーリンク

そんなときに大事なのが、へこたれない心です。

人生の中で、ずっと好調なはずはないですし、低調なはずもありません。
もし、今までの人生がどちらかに偏っているとすれば、それはバランスのとり方が上手いか下手かのどちらかです。

わりと人生は好調続きだという人は、不調な時を上手く切り抜けてこれる術を持った人。
人生は不調続きだという人は、どこかで何かにへこたれて自信を無くしてしまった過去を持つ人。

つまり、同じトラブルが起きたとしても、「上手く切り抜けられるかどうか」が、「役に立つかどうか」という基準そのものになります。

へこたれない心さえあれば、越えられない壁などありません。
何度失敗したとしても、最後には必ず成功するからです。

人の心や人の人生を変えようとするのは無謀なことですが、自分の心は自分次第でどうにでもなるのです。
なかなか難しいかもしれませんが、それでも、続けていれば心の持ちようを変えることが出来るようになります。

そうなるまでに色々と失敗するかもしれません。
ですが、その失敗は、同じ失敗をしないための勉強のようなもの。
ひとつ乗り越える度に、心が強くなっていくのです。

役に立つ人というのは、逆境においても心を強く持てるへこたれない人のこと。
人に求めるのであれば、まず自分がへこたれない心を持つ強い人を目指しましょう。
強い心さえ持つことが出来れば、どんなことがあっても乗り越えられるのですから。


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク