見下されていると感じたら

人は何度も失敗することがあろう。
しかしそれを他人のせいにしはじめるまでは、落伍者ではない。

~ ジョン・バーラウズ(エッセイスト) ~

人生は、それぞれ個人のものとわかっているのに。
人と比べるべきものではないとわかっているのに。

それなのに、ふとした瞬間に、周りと比べて悩んだりする人は、意外と多いのかもしれません。

「平凡で普通なことが良い人生」という考えを否定するつもりはないのですが、その「平凡で普通なこと」をもう一度考えてみましょう。

大多数の人が持つ世間一般のイメージとしては、卒業して、会社に入って(正社員)、結婚して、子供をもうけて、家を建てて、車を買って、毎年旅行して……と、こんな感じでしょうか?

確かに、少し前までなら、何の疑問も持たない「大人の生活」だと思いますが、今は違います。
例えば、正社員になるのにも、競争率が高くて大変な時代になっているのです。

結婚にしても、子供にしても、マイホームや車の購入にしても、思うようにならないことも多々あります。

時代は常に変化していくものです。
昔は「平凡で普通なこと」だったものが、今は誰もが簡単に手に入れられるものではなくなりました。
決して平凡でもなければ普通でもない世の中になったのです。

もし、あなたが「見下されている」と感じているのならば、その見下した人は、どれだけの間柄なのかを考えてみましょう。

あなたの生い立ちや性格、趣味や家庭環境や友人関係など、全てを知った上で発した言葉なのでしょうか?

スポンサーリンク

自分のすべてを知りもしないのに、知った風に見下してくる人は、所詮それだけの器しかないのです。
相手にするだけ時間の無駄、と割り切ることも大切です。

「見下した相手を見返してやる」という決意の元、頑張る人もいるでしょうが、論点がずれています

「見返す」という行為は、あくまでも他人が主体
どれだけ頑張っても、鼻で笑われたらどうしますか?
世間がどれだけ認めていたとしても、相手が認めなければスッキリしない気がしませんか?

そんな周りの評価を気にするよりも、自分の今の状態をきちんと把握して、解決するために何が必要かを考えましょう。

誰かのせいにすれば、その時の気持ちは楽になるでしょう。
責任が他にあると考えれば、むしろ被害者の気持ちになり、自分はなんてかわいそうだと思うことでしょう。

しかし、自分が行動した以上は、すべて自分の責任なのです。
いくら周りが「大変だったわね、仕方ないわね」と言っていたとしても、そのツケを払うのは自分自身です。

それならば、誰のせいにするでもなく、自分のために真っ向から変える努力をした方が、無駄に時間を過ごすこともないし、早く幸せになれます

腹が立つこともわかります。納得できないこともわかります。
しかしながら、それでも人生は続いていくのです。
それならば、一秒でも早く気持ちを切り替えて、未来のために出来ることから始めましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA