夫婦というもの

夫婦生活は、長い会話である。

~ ニーチェ(哲学者) ~

相手の話を聞き、自分の思いも伝え、お互いを理解していくのが会話というもの。
会話が成り立つというのは、お互いを尊重し合っている証拠。

一方的に自分の我を通そうとしたり、相手の事を全否定してしまうのは、会話ではありません。
そうなってしまうと、喧嘩になるのが関の山
表だって言い争わなかったとしても、確実に相手の中であなたの信頼度が下がっています

夫婦生活も、この会話と同じです。

性別も環境も違う二人が、縁あって夫婦となり、共に人生を歩んでいくのです。
予想外のこともあるでしょうし、考え方の相違が出てくるのも当たり前。

最初から円満で、何のトラブルもない夫婦ほんの一握り
永い時間、ゆっくりと会話をするようにお互いを理解し合い、自分たちの夫婦像を作っていくのです。

スポンサーリンク

怒りは怒りで返され、愚痴は嫌味で返されるようでは、何のために夫婦になったのかわかりません。

どんな時でも、相手の言葉を最後まできちんと聞くことは大切なことです。

男性には男性の得意とするところがあり、女性には女性の得意とするところがあります。
なんでもかんでも「平等であるべき」というのは違います。
性別というものが存在する理由を考えると、なんでも平等は無理だと気がつくでしょう。

夫婦の形は人それぞれではありますが、お互いを尊敬し合うことを忘れてしまうと、いざこざが多くなりがちです。
今はまだ、長い会話の途中ということを意識して、おたがいを理解し合えるように時を重ねていきましょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA