運を引き寄せる方法

私は、運の存在を強く信じている。
そして、運は努力すればするほど、ついてくることを知っている。

~ トーマス・ジェファーソン(元・アメリカ大統領) ~

まず最初に、「運がいい人」と言えば、どんな人を想像しますか?
人によって多少違うと思いますが、「運がいい人」というイメージは確実に想像できるはずです。

では、実際に「運がいい人」になるためには、何をすればいいのでしょうか?
どんなことをすれば運が上がるのでしょうか?

答えは簡単です。
精いっぱい頑張ればいいのです。

そもそも、「運」というものには、人が自分に対して持つ印象も含まれています。
ここでいう「人」というのは、自分以外の全ての人のことです。

良い印象を多く持たれるなら「良い運」が、悪い印象を持たれれば「悪い運」がつくものです。

確かに、世の中には「悪運が強い」と言われる人が存在して、悪いことしても見つからないとか他人を不幸にしても自分だけは幸せそうな人がいます。

しかし、考えてみてください。
「悪運が強い」は決して褒め言葉ではありません。
その言葉の意味するところは、「他人を不幸にしているのに幸せな人」と言われているのと同じです。

スポンサーリンク

そう、決していい印象を持たれているわけではないのです。
確かに、いい印象を持たれてなくても困らないかもしれませんが、それはあくまでも平時のみ。
いざ何か困った時に、果たして誰が率先して手を貸してくれるのでしょうか?

「自分は一生、絶対に困らない」と断言できる人は、必ず将来困ることになります。
なぜなら、その奢りこそが、誰かを犠牲にする前提の上での発言だからです。
天気ですら完璧に予想できないこの世の中に、絶対という言葉は存在しません。

人に後ろ指をさされない生き方をするということは、将来の自分自身のためでもあり、運を上げることにも繋がっていくのです。

根本的に、何かを精いっぱい頑張っている人の姿は、見る人の心の琴線に触れます。
ある人は勇気をもらえますし、ある人は希望を見出しますし、ある人は戦う強さが芽生えるかもしれません。

仮に、誰も見ていなかったとしても、自分自身に誇りを持てばいいのです。
自分が頑張ったことを一番理解できるのは、誰でもない自分自身です。
精いっぱい頑張っている自分を認めるだけで、心も楽になるし運も上がります。

自分の心をしっかりと持ち、為すべきことをなしているのであれば、確実に運を味方につけています。
物事の両面は特に複雑ですから、長い目で見ないと何が正解かがわからないのが人生です。
「自分は運がいい、このトラブルもきっと解決できる」と諦めない気持ちが、さらに運気を上げることになるでしょう。

関連する名言・格言:


スポンサーリンク

名言・格言 ~言葉のチカラ~ は、さまざまな名言や格言を説明付きで紹介しています。名言や格言は、先人たちが経験して歩んできた処世術そのもの。

悩んだり、迷ったり、勇気がほしいときなど、あなたの道しるべとなるものです。もし、このサイトで少しでも心が軽くなっていただけたとするならば幸いです。

あなたの心に寄り添うような名言・格言に出会えることを祈っております。

ブログランキングに参加してます。よろしければクリックお願いいたします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 名言・格言へ
スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA